ネット予約を使わずに、予約の院内管理だけシステム化できますか? | 診療予約システム まとめサイト

ネット予約を使わずに、予約の院内管理だけシステム化できますか?

診療予約システムの画面

診療予約システムには、予約を院内で管理する画面と、患者さんがネット予約をする画面があります。前者だけを利用すればネット予約を使わずに、予約の院内管理だけをシステム化することができます。

予約制で紙の予約表を使っていると、院内での情報共有がしにくくなることがあります。例えば予約表は受付にあり、ドクターには予約状況がわからないので次回予約をその場で取れないなどのケースが考えられます。

診療予約システムを導入することで、予約をデジタルで一元管理でき、院内での情報共有がリアルタイムに行えるようになります。

紙の予約表が、受付と診察室を行ったり来たりしているような場合は、是非予約表のデジタル化をお試しください。あるべき姿の理想的な運用が可能になります。

 

診療予約2015公式サイトへ

 

キーワード: 院内管理用、予約システム、予約表システム、予約台帳、予約管理表、システム化、情報共有、予約票、医療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る